この街を想い、訪れる人を想う。

時代が流れ、人も料理も流れゆく。
ファストフード全盛の時代に、二代に渡り手間を惜しまず、
素材にこだわり、手作りにこだわってまいりました。
そして、ここ守口で生まれ育ち、
この街が好きだからこそ、この街に住まう方・訪れる方たちに、
心温まる手作りの美味しさ、季節の味わいをゆっくり、
くつろぎながら楽しんでいただきたい。
約半世紀の間、受け継いできた「酒房なにわ」の想い。
これからも普段と変わらない美味しさで、
ひと皿ひと皿にその想いを込めて大切にお届けいたします。

手作りの味を大切にする

一代目から二代目へ

先代から続く

創業

店内

  • 店内
  • 店内

上)
創業数年後の昭和50年代初頭の店内。手作りの美味しさを楽しんでもらいたいという気持ちでこの店を始めた先代。当時は居酒屋に女性客は少なく、会社帰りの男性客がほとんど。まだ店内奥の座敷個室はなく、カウンターの後ろも小上がり風の座席になっていました。

店内

左上) 先代(右)と当時よく手伝いに来ていた先代の姉。

左下) 当時のカウンターはもちろん、調味料置きやいくつかのお皿などは現在もそのまま大切に使われています。ピンクの公衆電話が懐かしい。

右下) 現在はテーブル席になっている場所は、当時小上がりになっていました。お酒の入ったサラリーマン達が大いに盛り上がり、閉店が深夜になることも。

心を継ぐ

先代の人柄のような優しい味わいのおばんざい、三十年以上愛されるれんこんのはさみ揚げなど、“先代の美味しさ”は今もしっかり受け継がれています。時代が変わっても、変わらないもの。それが、先代からの常連さんが今も通っていただいている理由のひとつだと思います。

レンコンはさみ揚げ

おばんざい

旬を大切にする“心”

ひと口味わって「今年もこの季節が来たか」と感じていただきたい。今、一番美味しいものを食べて欲しい。いつでも味わえないうれしさがそこにある、旬を大切にする“心”。これも先代から変わらない酒房なにわの想いです。

造り五種盛

お酒を愛する“心”

和食にはやはり美味しいお酒。ですが、好みは千差万別。“うちの料理とどれが合いそうか”“あの人はこれが好きそうだな”先代も二代目もお酒が好きだからこそ、お酒好きの方を想いながら実際に味わい、地酒・焼酎を選りすぐって仕入れています。

お酒

人の和

料理を味わっていただくと共に、カウンター越しの会話も楽しんでいただきたい。多くのサラリーマンたちとにぎやかにお喋りしていた先代がそうしていたように、二代目に代替わりした今も、カウンターが居酒屋のメイン席であるという考え方は変わりません。もちろん、静かに過ごしたい方にも居心地のいい場所としておもてなしいたします。

  • 店内
  • 店内
  • 店内
  • 店内

お客様のご要望から生まれた

年齢が上がるにつれて、あっさりとした料理を楽しみたい。そんな常連さんの言葉を形に。カウンターでの会話を大切にする酒房なにわならではのコースです。揚げ物や濃い目の味のものを控えめに、その分お魚や旬の野菜料理をふんだんに。

コース

変わらないものと、変わり続けるもの。

家庭の主婦からこの世界に飛び込んだ先代の店を、
平成十一年、縁あってサラリーマンから転職し、
継承することになりました。
以来、はや二十年近い年月が流れ、
現在に至っております。
お客様の「美味しい」のひと言と笑顔を楽しみに、
先代から受け継いだものを大切にしながら
日々、旬の素材と手作りにこだわって、
二代に渡り約半世紀。
今日も変わらず、
和やかにくつろげる場所と料理をご用意して、
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

先代店主と

Top